【Google】related:コマンドでサイトをユーザー視点での分析してみる

最近、めっきりディレクター的な話題ばかりになってきました。
残念ながら(?)検索流入は制作よりのものが多いんですが…。ブログのテーマが定まっていない感はありますが、WEB全般をカバーするくらいの気持ちで気にせずに続けていきます。

さて、「既存サイトでユーザー視点でのニーズを推測してみる」ということですが、うまくタイトルがつけられなかったのでいけませんが、つまりこうゆう事です。

サイトを作成する時、ターゲット、ユーザーのニーズなどを考えて設計していく訳ですが、実際作成したサイトに対して果たして想定したユーザーが来てくれているかということってなかなか調べられない場合もあります。
一般的に、そういった事を調べるためには、Googleアナリティクスなどのアクセス解析を利用して、検索キーワードを調べたり、コンバージョンの有無などから推測するなどの方法、既存ユーザーからのインタビュー調査などが挙げられます。

今日ご紹介するのは、別の切り口での推測方法です。

Googleの検索機能で「related:」というものがあります。
対象URLの関連ページを検索できるという機能です。
ある程度規模が大きいサイトじゃないと検索結果が表示されないんですけどね。
残念ながらこのブログは検索結果0でしたorz

例えば「related:yamaga-fc.com」と検索すると
20140925_related
こんな感じでJ2の各チームが表示されます。
あまり参考にならない感じですが・・・

例えば、ECサイトなどであれば、どういったサイトと関連付けられているかを調べることで、自社の製品がユーザーからどういったランク付けがされているか推測できます。

もちろん、Google的に関連があると判断されるサイトが表示されるわけですので、完全なユーザー視点での関連サイトというわけではありませんが、検索ユーザーの動向は多かれ少なかれ反映されていると考えると、大きく的を外しているものではないと思います。

自サイト分析の一つの指標として使ってみるのもいいかもしれません。

ぶっちゃけ、楽天市場とYahoo!ショッピングどっちがいいの?ECモール系徹底比較

最近、ECモールの提案をする機会があって、主要モールの内容について調べましたので備忘録として、まとめておきます。
※2014年9月現在の情報です。

楽天市場

THE ショッピングモールということで楽天市場から。

4種類のプランが用意されています。サイトの規模によって損益分岐をしっかり把握して選ぶ必要があります。

スタンダードプラン
初期登録料 60,000円
月額 50,000円
システム使用料 2.0〜4.0%
カード決済手数料 2.66〜3.6%
モバイル対応サービス手数料 3〜5%
他アフィリエイト利用料など 数%
契約期間 1年
掲載可能商品数 20,000点
画像容量 2GB

 

がんばれプラン
初期登録料 60,000円
月額 19,800円
システム使用料 3.5〜6.5%
カード決済手数料 2.66〜3.6%
モバイル対応サービス手数料 3〜5%
他アフィリエイト利用料など 数%
契約期間 1年
掲載可能商品数 5,000点
画像容量 500MB
ライトプラン
初期登録料 60,000円
月額 39,800円
システム使用料 3.5〜5.0%
カード決済手数料 2.66〜3.6%
モバイル対応サービス手数料 3〜5%
他アフィリエイト利用料など 数%
契約期間 1年
掲載可能商品数 5,000点
画像容量 500MB
メガショッププラン

個人的にほぼ使うことは無いと思うので割愛。

ご覧いただくとわかるように、固定費が高ければ、売上に応じて加算されるサービス手数料が安くなります。
この表だけだと、損益分岐がわかりにくいので、ざっくり計算してみます。
・計算を簡略化するため、アフェリエイトなどのコストは割愛しました
・売上の60%をカード決済としています。料率は一番高いものを採用。
・コストには初期登録料、制作会社の制作代行料は含みません。
・売上の30%をモバイル経由と想定。
・当然、商品自体の原価などは無視してます。
・たぶん、誤差がありますので、参考程度に。

スタンダードプラン 59,000円
がんばれプラン 22,000円
ライトプラン 44,000円

このような結果になりました。
この他に、プランによって商品点数や画像の容量も異なりますので、そういった要素も含めて、総合的に判断する必要があります。

http://www.rakuten.co.jp/ec/plan/

Yahoo!ショッピング

システム利用料が無料化されたYahoo!ショッピングです。
こちらは、楽天に比べるとシンプルですが、プランによってサービス内容が大きく異なりますので注意が必要です。

ライト出店 プロフェッショナル出店
初期費用 無料 無料
月額費用 無料 無料
システム利用料 無料 無料
決済方法 クレジット決済のみ クレジット決済、キャリア決済、
コンビニ決済、銀行振込など
開店までの期間 最短5分 最短2週間
スマホ対応
ストア構築の難易度 低い 高い
デザイン設定 3ステップ 多項目の設定が必要
注文フォームのカスタマイズ

大きな違いは、ライト出店の場合、決済方法が限られる、バックヤードの機能が大きく制限される点でしょうか。
その分、出店のまでの時間的コストが大きく優遇されています。
大雑把にいうと、がっつり管理したい場合は、プロフェッショナル。とりあえずやってみるかという場合はライト出店って感じでしょうか。

制作会社側からすると、ライト出店の場合は、カスタマイズの要素がほぼ無いので、制作代行手数料を取れないよねって話もありますが…
(逆に、発注側のスタンスで、ライト出店だけど、制作代行手数料が高かったら…ね。という判断もできそうです。)

http://business.ec.yahoo.co.jp/shopping/archives/hikaku.html

楽天と比べると、コスト面はかなりお得です。
損益計算もするまでもありません。

あとは、どちらのモールが売れるのかって話ですが、残念ながらそれは僕にはその答えはありませんorz
流通額的にいうと、楽天>amazon>Yahooという感じのようです。商品云々を抜きにして、売れている市場はと聞かれれば、楽天なのかなと思いますが、コスト面で優位に立ったYahooがどう巻き返すか。

という訳で、ざっくりとECモールの比較をしてました。

最近はやりのCSSプリプロセッサや静的ページジェネレーターの実務導入について考えてみた。

制作に関する話題です。
ここ数年(しかも割と早いスパンで)で、WEB制作のトレンドが大きく変わってきているように感じます。
例えば、SCSSといったCSSプリプロセッサ、Gruntなどのタスク実行ツール、Middlemanなどの静的ページジェネレーター。
今までは、CSS、JS、HTMLなどを直接記述していましたが、何らかのコンパイルツールを介する事で、効率よく制作、管理するというのが主流になっています。

実際僕自身も未熟ながらそういったツールの恩恵を得て、効率化を図っています。
実務の中でも、利用する機会が増えてきているのですが、その時のメリットとデメリット、注意すべき点について考えてみました。

メリット

・効率的かつ簡単にフロントエンドの実装ができる。特にCSS周りではSCSSなどの利用は必須です。
・ツール自体のエラーチェック機能があるので、致命的な記述ミスが減少する。

デメリット

・少なからずツールに依存してしまう部分がある。
・初期制作とメンテナンスを別人が担当する場合、利用するツールのすり合わせ、学習、ツールの管理などのコストが発生する。

簡単にまとめると上記のようなものかなと思っています。
つまりは、社内またはチーム内である程度の統一が必要であると。
当たり前のことです。便利だからという理由で勝手に使っても、その後を引き継ぐ人の事もケアされていないとかえって不便なツールになってしまったり、何人かの手を経て、初期制作者の元に戻ってきた時に当初想定していた運用フローからかけ離れたスパゲッティコードになっている。なんてことも考えられます。

結局は、運用フローもしっかり設計して、ルールを徹底しろってことになるんでしょうが、その時にきちんと指揮をとれる人間が必要だよねってことかなと思っています。

そんな訳で、コーディングというWEB制作の肝になる部分もきちんとケアできるディレクターでありたいなぁと思う今日このごろでございます。

あ、個人的に今更感がすごくありますが、Middlemanでの実装がとてもいい感じだったりしてます。
静的ページジェネレーターというよりは、SCSSのコンパイルツール的に使っています・・・
それなら、Gruntを覚えてそっちで対応しろよって突っ込まれそうですが。

【改訂版】アクセス順位を調べるのによさ気なアプリーRankGuru SEOのご紹介

先日、「ペンギンアップデート3.0の影響は?そんな時にすぐに答えられる、アクセス順位を調べるのによさ気なアプリ」というタイトルで、検索順位を測定してくれる、iPhoneアプリをご紹介しましたが、もっと良さげなアプリを見つけたので、改訂版として、再投稿します。

RankGuru SEO – Sandra Paoloni

これは、Macのアプリです。有料(500円)ですが、かなりいい感じです。
基本的な用途は先日ご紹介したRanking SEOと同じで、サイト毎のキーワードに対する検索順位を表示してくれます。

便利・・・というか当たり前の事ですが、デスクトップアプリですので、操作性は高いです。わざわざ、プラグインを買わなくても、簡単にキーワードの登録もできます!
タスクバーに常駐して、決められた時間毎に検索結果を集計してくれます。

seo

また、CSVで吐き出すことも可能です。

グラフィカルな表示はできませんが、そもそも検索順位が分かれば済む話なので、まったく問題ありません。

Google以外にもYahoo!やBingなども集計可能です。

この手のデスクトップアプリって、Windowsですと割と高額だったりするイメージですが、この値段でこれだけの機能が揃っていれば、まったく文句はありません。

まさに神アプリです。これでサイトの定点観測がすごく楽になりました。

プロが教える実践テクニック Yahoo!アクセス解析スマートガイドを読んだ話

僕のWEB解析士の師匠であるWEB解析士マスターの榎本さんがYahoo!アクセス解析に関する書籍を出版されましたので、読んでみました。

プロが教える実践テクニックYahoo!アクセス解析マスターガイド

この本を読んでまず感じた事は、とても丁寧に書かれているなという感想です。
本の表題から察しても、「Yahoo!アクセス解析」について書かれているんだろうなというのは、容易に想像できます。

当然、それが中心なんですが、その前段階として、「なぜアクセス解析をする必要があるのか」「WEBサイトからの効果を最大限に引き出すには何をしたらよいのか」という、考え方も丁寧にまとめられています。
これってとても大切なことです。

いくら道具が上手く使えても、その道具を使う意味がわからないとまったく意味がありません。きっと榎本さんはそうゆう考えの元に書かれたのかなぁと思いました。

もっと言うと、この内容って割と上級WEB解析士で学ぶ内容とオーバラップしていたりします!本で読むのと、体験しながら学ぶのでは、大きな違いがありますが、上級WEB解析士ってどんな勉強するのかなぁと調べている方にもお勧めかもしれません。

前段の「なぜアクセス解析する必要があるのか」という部分も含めて、クライアントの担当者さんに読んでもらえると、割と話が早くなるのかなぁなんて(そこは自分できちんと説明しなきゃいけないんですがね)

Yahoo!アクセス解析はまだ使っていないのですが、ユーザー単位での解析ができたり、時間帯の分析が簡単にできたりとGoogleアナリティクスとは違った切り口の分析ができそうです。どちらがいいということではなく、「何を調べる必要があるか」という観点から、一つのツールとして使っていけそうな気がします。

ちなみに、本日(9/3)限定で、amazonのキャンペーンがあるそうです。
まだ購入していない方はぜひ!

以上、塩原がステマをお送りいたしましたw

ペンギンアップデート3.0の影響は?そんな時にすぐに答えられる、アクセス順位を調べるのによさ気なアプリ

ペンギンアップデート3.0のお陰で結構検索順位が上下していますね。
そんな書き出しができるのも、管理しているサイトを定点観測しているからです。

サイトを運営していると、アクセス解析をしてアクセス数やサイト内のユーザーの行動に気をかけるか思います。そういった内部的な情報と同じくらい大切なのがねらったキーワードでの検索順位です。

有料・無料を問わず、検索順位を調べてくれるサービスはたくさんありますが、今回紹介するものは、iPhoneのアプリです。

価格は400円です。(アプリ内課金あり)
使い方は簡単で、ドメインと検索エンジン(主にGoogleですが、国指定が必要です)と集計したいキーワードを登録するだけ。
※無料版の場合、キーワードの一括登録ができません。

登録が終わると集計が始まり、現在の順位と前日の対比やキーワード毎の順位の変動を見ることができます。

seo2
このようにキーワード毎に順位を表示してくれます。ちなみにグレーが、前日と変わらない。緑は前日よりも順位が上がったキーワード、赤が下降したキーワードを示します。

seo01
一つのキーワードに対しては、日別の順位をグラフで表示してくれます。

基本的に集計結果の保存ができませんので、このアプリを使って資料をつくるとか二次利用はしずらいので、用途は限られます。
携帯という利便性から、どちらかというと、サイトのデイリーの状態を手軽に把握する、サイトの平熱状態を知っておくためのツールという感覚で使うといいかと思います。

僕も使っていますが、手軽さがとてもいいですね。
キーワード毎の順位の変動がグラフ化されますので、SEO的な施策の前後での効果測定もしやすいです。
欲をいえば、GAみたいなメモ機能や、データの書き出し機能があると最高ですがー。

確認するだけと割り切って使えば、十分なアプリです。

中山陽平さんのポットキャストを聞いて、やっぱコンテンツ大事だよねと感じたこと

ちょい足し夏休みで、明日まで3連休をいただいております塩原です。

なのに台風orz

そんなわけで、まったり自宅でくつろいでいるわけですが、日課にしている中山陽平さんの「ノン・スペシャリストのための」WEBマーケティングラジオPodcast(ポッドキャスト)を聞いていて、ちょうど今進めている企画と噛み合うことがあったので記事にしようと思います。

今週のポットキャストは「第52回:文章力が雌雄を決する…なら、どうやってスキルアップすべきか?」という内容でした。
うちの会社も長らく「ブログ」押しできたという背景もあり、お客さんには「自社できちんと情報発信しましょう」ということを伝えてきました。

なかなか、難しいんですけどね。

自社でコンテンツができるようになるって大切なこと

それでも、自社発信で情報を伝えること、それができることはとても大切です。

いかに体裁よくサイトを作っても、それがただのパンフレット的なものであったら、あまり意味がありません。

制作会社の人間がこうゆうことを言うと語弊があるかもしれませんが、個人的にはデザインやら製作技術よりも他社に負けないコンテンツがあるか、それを継続して発信できるかのほうがよっぽど重要じゃないかと思っています。それがない場合は、結局むりくり作るしかないんですけど…

コンテンツの発信力って制作会社もフォローしていかなければならないよねと思う

お客さんとの関わり方によるかもしれませんが、僕個人の考えとして、制作に関わった以上、ある程度お客さんに情報を発信できるようになってもらうまでフォローすべきだと考えています。

(実際できているかどうかは別として)

CMSの操作方法をレクチャーする時に

・まず第一にあなたのお客さんに役立つ情報を発信してください。
・第二にあなたのお客さんに役立つ情報を発信してください(重要だから2回言います)
・自社で当たり前でやってるの事はお客さんには新鮮な情報だということが多いので、普段当たり前にやってることを紹介してみてください。
・業界の最新情報とか、用語の説明とか専門性が高い情報を発信してください。
・あなたがお昼に何を食べたとか、休みの日にどこへ行ったとか興味ないから(ということをオブラート100枚位に包んで)

というような事はお伝えしています。

それでもなかなか難しいんですけどね。

文章を書くということ

今回のポットキャストを聞いて、気づいたのが、「そもそも文章を書くこと」自体に抵抗がある人が多いという事実です。

確かにそうですね。

書くべき内容が分かっていても、そもそも文章を書くことができなければ先へは進めません。

今関わっているお客さんも「情報発信の重要性はわかるけど、どうやって文章にすればいいかわからない」と言ってました。

自分を省みても、確かに以前はブログを書こうと思ってもどうやって書けばいいかわからずに悩んでいました。小学生が作文を書く時に、書き出しの部分が思いつかずに、固まってしまうのと同じでしょうか。

まずフォローすべきは「書き方」

スキルとして、文章を書くことができる人は別として、まずは「文章を書くこと」のフォローから入るべきなのかもしれません。

たまたま、関わっている企画で、社内のブログ更新チームの立ち上げみたいなものがあります。

ライターさんに協力してもらって、取材、原稿起こし、ブログへの投稿までを覚えてもらうみたいなものです。こういったWEB運用に関わるような仕事ってこれから増えてくるんじゃないかな。

そんなことに想いをはせながら、この台風のなかキャンプへ行ってきます。

どうせ、外遊びできないから、本を大量にもって…

上級ウェブ解析士に挑戦中でございます

久しぶりのブログです。ちゃんと生きています。

さて、突然ですが、上級ウェブ解析士なる資格に挑戦しています。
先週、2回目の講義と筆記試験を終えてきました。
(筆記の結果は・・・ギリギリパスしたみたいです!)

この後、2週間以内(試験は先週だったので、残り1周間)に終了レポート(20枚以上!)を提出して、中間レポート、筆記、修了レポートの合計点で判定され、運が良ければ、無事上級ウェブ解析士と認定してもらえるという運びでございます。

ウェブ解析士ってなんぞ?って方もいらっしゃると思いますが、詳しくは協会のwebサイトをご覧ください。
WACAウェブ解析士認定講座

ここでは、なんで僕がウェブ解析士を目指そうと思ったかということを書きたいと思います。

僕自身、長らくWEBの仕事をしています。制作部門からのスタートでしたが、だんだんディレクション的な事もするようになってきました。制作のみならず、どうすれば、WEBでクライアントに売上をもたらすことができるか。そんなことも考えなければならなくなってきました。
結局WEBサイトって、道具にすぎないと考えています。いくら見た目的に良いものを作っても、きちんと使いこなせないと意味がありません。お客さんとの関わりのかなで、なかなかベストな対応ができないことの方が多くて、日々反省しているのですが、「WEBサイトを道具としてきちんと使う」=WEBマーケティングを体系的に学ぶ事ができるのが、今挑戦しているウェブ解析士なのかなと。

もちろん、他にも同様な資格があって、なんでWACAのウェブ解析士にしたかって言ったら、たまたま、地元で無料セミナーがあって、たまたま、近くに講師になってくれる人がいたり、たまたま、近所に同じ資格を目指している人がいたり、たまたま、WACAの重鎮(会長を含む)と飲む機会があったりと色んな巡り合いがあったからこそというのも事実です。

会社の中で働いていると、なかなか社外の横の繋がりってできにくいです。特に田舎にいたり、若干コミュ症だったりすると。
一緒に勉強できる仲間に出会えたり、最前線で頑張ってる人を見て、自分の足りない部分に気づけたりとすごく刺激を受けています。

ちなみに、上級ウェブ解析士ではどんなことを勉強するかというと例えば、このブログ。

実際には収益性を求めてはいませんが、
収益を得るためには、自分の強みと他社との関係を調べて、内容を最適化した方がいいよねとか。
月1万の収益を得るには、どれだけアクセスを集めればいいかとか。
そのためにいくら広告に使えば、損がでないかとか。
どのタイミングで更新すれば、一番効果的かとか。(今日はそんなこと無視して投稿しますが)

そんなわけで、これから1週間、仕事もありますが、レポートをコツコツ進めていく所存でございます。

本屋さんの取置きサービスが地味に便利だった件

GWはがっつり遊ぶ予定でして、初日から出かける予定です!
ただ、遊んでばかりいられないので、少しは勉強もしなきゃなぁというところで、ちょうど読みたい(読まなきゃいけない)本が見つかったわけです。
割りと専門書なので、普段ならアマゾンで購入するのですが、確実にGWの旅行には間に合わないorz
という状況でございました。

この状況で、できることとすれば、無いと分かっていながら、某ビデオ屋さん併設の書店を廻る、早めに仕事を切り上げて、大手書店を巡る、もしくはKindleにするか…
(個人的に電子書籍でもいいんですが、場合によってはただスキャンしただけって落ちもあるので、避けたかったです。スキャンしただけの電子書籍の読みにくさといったら…)

そこで、思い立って地元の某大手書店のwebサイトを調べたら、「在庫検索」「取り置きサービス」なるものがあるではありませんか。
さっそく、ユーザーアカウントを作成して、利用してみました。

20140502

検索窓に欲しい書籍の情報を入力すると、該当リストが表示され、ネットショッピングor取り置きの選択ができます。
取り置きの場合、実際に在庫があるかの照会を店員さんが行うようで、お店からのレスポンスメールが来て初めて取り置き成立となるようです。僕が利用した時間がかなり遅めだったので、その日のうちには在庫の有無はわかりませんでしたが、翌日、早々にメール連絡があり、無事取置ができました。

実際に利用してみて、かなり便利だと感じました。時間の余裕があるときはアマゾンでもいいんですが、「今ほしい!」という時ははやり物理的に近くで本を見つけられるのが理想です。
わざわざ、本屋さんに行って在庫がないということもないので、無駄足をすることもありません。

本屋さんでダラダラ探すのも大好きなんですけどね。
個人的にはアマゾンよりも重宝しそうな予感です。

Slicyでphotoshopの画像切り出しが超楽になった件

最近導入したphopshopのプラグイン…じゃないです。psdファイルから直接スライスができるアプリ「Slicy」が超便利だったので、ご紹介します。

有料のMac専用のアプリですが、psdファイルをドラッグするだけで、必要な画像を書き出してくれます。

方法

1.Photoshopを開き、書き出したいパーツをレイヤーまたはフォルダに分けて、レイヤー/フォルダ名を書き出したいファイル名にする。
対応しているのは、pngファイルかjpgファイルですので、拡張子も含めてレイヤー名にします。
slipy-01

2.そのファイルを保存して、Slicyにドラッグする。

以上。

レイヤー名を.pngか.jpgとしてあるものだけ書き出してくれるので、余計な部分は無視しておくことができます。
フォルダ単位でも書き出せるのがいいですね。

jpgの場合は圧縮率を調整できないというデメリットもありますが、pngで書き出して、imageAlphaで圧縮するとか、jpgでもjpegMiniとかで圧縮するって方法もありますので、問題ないです。

作業効率がよくなる以上に、書き出しのアニメーションも爽快で、スライスっていう面倒な作業が楽しく感じるようになったのがいいです。

29$(3,000円くらい)で、決して安くはないですが、がっつりコーディングしている方であれば、十分元がとれるアプリじゃないかと思います。