ぶっちゃけ、楽天市場とYahoo!ショッピングどっちがいいの?ECモール系徹底比較

最近、ECモールの提案をする機会があって、主要モールの内容について調べましたので備忘録として、まとめておきます。
※2014年9月現在の情報です。

楽天市場

THE ショッピングモールということで楽天市場から。

4種類のプランが用意されています。サイトの規模によって損益分岐をしっかり把握して選ぶ必要があります。

スタンダードプラン
初期登録料 60,000円
月額 50,000円
システム使用料 2.0〜4.0%
カード決済手数料 2.66〜3.6%
モバイル対応サービス手数料 3〜5%
他アフィリエイト利用料など 数%
契約期間 1年
掲載可能商品数 20,000点
画像容量 2GB

 

がんばれプラン
初期登録料 60,000円
月額 19,800円
システム使用料 3.5〜6.5%
カード決済手数料 2.66〜3.6%
モバイル対応サービス手数料 3〜5%
他アフィリエイト利用料など 数%
契約期間 1年
掲載可能商品数 5,000点
画像容量 500MB
ライトプラン
初期登録料 60,000円
月額 39,800円
システム使用料 3.5〜5.0%
カード決済手数料 2.66〜3.6%
モバイル対応サービス手数料 3〜5%
他アフィリエイト利用料など 数%
契約期間 1年
掲載可能商品数 5,000点
画像容量 500MB
メガショッププラン

個人的にほぼ使うことは無いと思うので割愛。

ご覧いただくとわかるように、固定費が高ければ、売上に応じて加算されるサービス手数料が安くなります。
この表だけだと、損益分岐がわかりにくいので、ざっくり計算してみます。
・計算を簡略化するため、アフェリエイトなどのコストは割愛しました
・売上の60%をカード決済としています。料率は一番高いものを採用。
・コストには初期登録料、制作会社の制作代行料は含みません。
・売上の30%をモバイル経由と想定。
・当然、商品自体の原価などは無視してます。
・たぶん、誤差がありますので、参考程度に。

スタンダードプラン 59,000円
がんばれプラン 22,000円
ライトプラン 44,000円

このような結果になりました。
この他に、プランによって商品点数や画像の容量も異なりますので、そういった要素も含めて、総合的に判断する必要があります。

http://www.rakuten.co.jp/ec/plan/

Yahoo!ショッピング

システム利用料が無料化されたYahoo!ショッピングです。
こちらは、楽天に比べるとシンプルですが、プランによってサービス内容が大きく異なりますので注意が必要です。

ライト出店 プロフェッショナル出店
初期費用 無料 無料
月額費用 無料 無料
システム利用料 無料 無料
決済方法 クレジット決済のみ クレジット決済、キャリア決済、
コンビニ決済、銀行振込など
開店までの期間 最短5分 最短2週間
スマホ対応
ストア構築の難易度 低い 高い
デザイン設定 3ステップ 多項目の設定が必要
注文フォームのカスタマイズ

大きな違いは、ライト出店の場合、決済方法が限られる、バックヤードの機能が大きく制限される点でしょうか。
その分、出店のまでの時間的コストが大きく優遇されています。
大雑把にいうと、がっつり管理したい場合は、プロフェッショナル。とりあえずやってみるかという場合はライト出店って感じでしょうか。

制作会社側からすると、ライト出店の場合は、カスタマイズの要素がほぼ無いので、制作代行手数料を取れないよねって話もありますが…
(逆に、発注側のスタンスで、ライト出店だけど、制作代行手数料が高かったら…ね。という判断もできそうです。)

http://business.ec.yahoo.co.jp/shopping/archives/hikaku.html

楽天と比べると、コスト面はかなりお得です。
損益計算もするまでもありません。

あとは、どちらのモールが売れるのかって話ですが、残念ながらそれは僕にはその答えはありませんorz
流通額的にいうと、楽天>amazon>Yahooという感じのようです。商品云々を抜きにして、売れている市場はと聞かれれば、楽天なのかなと思いますが、コスト面で優位に立ったYahooがどう巻き返すか。

という訳で、ざっくりとECモールの比較をしてました。

strikinglyで30分くらいでサイトを作ってみた。

今日のGunosystrikinglyというweb制作サービスの情報が流れてきたので、試しに自分のパーソナルサイトを作ってみました。

41’s site

作業時間わずか30分です。
超簡単であっけないくらいです。

作り方

サイトのタイプを選びます。

テンプレートから自分のイメージにあったものを選択して、

あとは、ページごとに文章や画像を差し替えるだけ。

画像はアップロードできるほか、SNSと連動させて例えばinstagramやfacebookなどからも読み込めます。
また、画像編集機能も備わっているので、フィルターをかけてアートっぽくしてみたり、明るさを調整するなんてことも簡単にできてしまいます。
このサイトを作るのにphotoshopもテキストエディタも立ち上げてません。

たったこれだけで、いわゆるレスポンシブなサイトができてしまいます。

費用は?

フリープラン(無料):1サイトのみ、月間5Gの帯域制限、独自ドメイン不可
LIMITED(月$8):2サイト、月間50Gの帯域制限、独自ドメイン可
PRO(月$16):5サイト、帯域無制限、独自ドメイン、html,css,jsの埋込可、ロゴの非表示など
となっています。

今特典としてツイッターとかで紹介すればPROアカウントが貰えたりします。

なんとなんと…
これじゃweb制作屋さんいらねーじゃん。
ってことにはならないと思いますが、急いで自分のサイトを立ちあげなければならない時には重宝するかもしれませんね。

Facebookとブログの連動はiftttがいいかもしれないという話

facebookとブログの連動といえば、rss graffitiが有名です。
僕も使っていたのですが、どうもしっくりこない。うまく連動できなかったりすることもありました。
で、調べたら、iftttというサービスがあり、なかなかいい感じだったのでご紹介します。

サイトのUIもかなり今風ですね。
日本語になっていませんが、グラフィカルなUIで直感的に理解できそうです。

iftttの使い方

1.アカウントの作成


必要事項を入力してください。

2.トリガーの設定
iftttでは、処理したい内容のセットを「recipe」と呼んでいて、
if this then thatという形で表現しています。
thisの場合、thatの処理をするよってことですね。
まず、thisの部分を設定します。
色々なサービスが選べますが、今回はブログのfeed情報を設定してみます。



3.アクションの設定
次に、thatの部分です。
こちらも色々なサービスと連携できますが、今回はfacebookにしてみます。


ここで、facebookのアプリ認証が入ります。


itfffだと、facebookのタイムラインに表示させる文言も自由に設定できます。
トリガー(this)の情報もタイトルやURLなど使いたい情報を簡単に挿入できますので、扱いやすいです。

ブログとfacebookという組み合わせだけではなく、
例えば、最近はやりの「あとで読む」サービスpocketとfacebookを連動させてたり、poketへの投稿をwordpressと連動させて自動でブログを更新させたりとアイディア次第で色々できそうです。

こういったサービスをうまく利用すると今まで手動で行なっていたことが自動化できるようになりますので、もっと時間を使わなければならないクリエイティブな事に時間をまわせるようになるかもしれませんね。
どこにどう情報を集約するか、難しいことですけど、セルフブランディング的にも深く考えると面白そうですね。

googleマップが新しくなりました

先日のGoogle I/O 2013でgoogleマップが発表されました。現段階では新UIを使うにはリクエストをして、認可されるまでできません。
というわけで、やっと新UIの承認が来ましたので、さっそく試してみました。

大きく変わったところは、ほぼフルスクリーンがデフォルトになって、左側にあった情報パネル(検索とかも)がすごくスマートになって、地図の上に表示されています。
あと、縮尺のコントローラーとストリートビューの切り替えが左下に移動しました。
全体的に地図を見せることに特化した作りになっているようですね。

実際に使ってみると、挙動も早く(ズームとか)地図を見るという事に関して言えば、すごく良くなったと思います。
地図を見るということに関して言えばです。

僕的には、googleマップで場所を確認するということもよく使いますが、それ以上にweb制作時に座標を確認したり、
埋め込み用のgoogleマップを生成したりという使い方の方が多かったりします。
で、この新しいUIはその辺がばさっとなくなっているようです。(詳しく調べるとあるかもしれませんが)

困ります。非常に困ります。

メールに地図を貼り付ける時に、短縮URLが使えないじゃないですか!
java scriptでgoogle mapを使う時に座標軸はどうやって調べますか?
java scpiptで埋め込むのが面倒な時に便利だったマイプレイス機能はどこにいったんですか?

というわけで、新しいgoogleマップすごくいいと思うのですが、暫くの間は前のバージョンを使うことになりそうです。

最近使っているアプリやらウェブサービスをまとめ

ライフハックというわけではないのですが、最近良く使っているツールをご紹介します。

チャットワーク


最近にやっと少し使えるようになってきました。
言わずと知れた、ビジネスチャットです。
一度慣れてしまうと、メールが面倒くさくなります。

初対面の人は別として、仕事上の付き合いがある人との連絡は、余計な常套句を省いてもいいと思います。
それをメールでやると、ちょっとビジネスマン的にあれなんですが、「チャット」であれば許されるんじゃないかと。

メールは本当に届いているか不安ですしね。
社内の連絡やメンバー間での情報共有にはすごく便利だと思います。

チャットワーク - iPhone/iPad版 - ChatWork Inc.

って、それほど使いこなしていないのですが・・・

Any.DO


iOSのtodo管理アプリです。clear的な操作感と超シンプルなUIが気に入っていて使い始めました。
電話帳と同期してくれるので、○○さんに電話とタスクを入れると、このアプリから電話がかけられたりします。
また、chromeとも同期できるので、パソコンからtodoを管理することも可能です。
もちろん、アラート機能もついています。

感覚的には、iOSアプリのclearみたいな感じでしょうか。
clearほど斬新ではないけど、割りと似た使い勝手で一般的なtodoアプリの機能も兼ね備えているので使いやすいです。
また、chromeの場合、Gmailとも連携してくれるので、メールの閲覧画面から直接Any.DOへ投稿ができたり、そのTodoからメールを参照することもできます。
これは、かなりいい感じ。

個人的かつ短期的なタスクとかはここに入れるようにしています。

タスクの時間設定も「今日」「明日」「近日中」とかざっくりしてていいです。

Any.DO To-do list - Any.DO

Pocket

いわゆるソーシャルブックマークです。
以前は、evernoteに入れてたり、もっと前は、今はなきdeliciousを使ってたりと、迷走中だったブックマークですが、最近はもっぱらpocketです。
使いやすいかどうかは別として、一番はchromeのプラグインで一発でブックマークできることですかね。

整理ができない人間なんで、特にタグ付けせずにポンポン入れるだけですが、こうゆうinbox的なものがないとかなり困ります。
ブックマーク系は、一度ここに収納して、制作のツール系は精査していいものはchromeのブックマークへ入れたり(会社と自宅は同期してあります)、ブログのネタとしてevernoteへ入れたり、読む系の記事はiphoneで処理したりという感じです。

個人的には、もう少しiphoneのアプリから共有が簡単にできるといいんですけど・・・

Pocket (Formerly Read It Later) - Idea Shower

CloudMagic

これも最近入れたアプリです。
メールや、連絡先、SNSなどを横断検索できるアプリです。
メールは基本的にGmailアプリを使っているのですが、これ何気に検索がいまいちです。
昔もらったあのメールにアクセスするときは、CloudMagicの方が断然楽です。
CloudMagic - CloudMagic

と、羅列してみました。
仕事はあまり早くないのですが、こうの手の話題は大好物です。うまく効率化して、生産性を高めていきたいですね。

twitterの新しいウィジェット。エラーについて僕なりの見解

昨日、twitterの新しいウィジェットがリリースされました。

これ↓
※プレビューでは死んでましたが・・・投稿するとどうだろ?
→大丈夫みたい。ちょっと不可解ですね(^^;

なかなか洗練されていて、良い感じですね。

使い方は簡単で、こちらのウィジェット作成ページから設定をしてソースをもらい、入れたい所に貼り付けます。
今回のウィジェットでは、自分のタイムラインだけではなく、「お気に入り」とか「リスト」のウィジェットも作ることができます。

実は、昨日から使おうと思っていて試していたのですが、うまく表示されませんでした。
原因は不明なのですが、なんとなく編集した情報がうまく反映されないんじゃないかと思うんです・・・

昨日の夜、ウィジェットを作った時に、間違えて、表示先のURLを入れずに作成してしまいました。で、後から編集してコードをもらって貼ってもぜんぜんだめ。
コンソールのエラーに「ドメインがセーフリストに入ってない」的な事をかかれてたので、時間が解決してくれると思い放置してもだめでした。
で、さっき新しくウィジェット(サイドバーに表示しているのです)を作りなおしたら、表示されています。
ちなみに、この新しいウィジェット、リンクの色を後から変更しているんですが。今の段階で反映されていません。

編集が反映されないバグなんじゃないかと、勝手に解釈しています。
あまり、ソースがないので確認しきれていませんが・・・

デフォルトだと、横幅などの指定ができませんが下記のようにwidth=”◯◯” height=”◯◯”と指定すると、サイズの指定も可能なので、
サイドバーなどにも設置可能です。

<a class="twitter-timeline" href="https://twitter.com/41_shiohara" data-widget-id="244009978652917760" widht="300" height="300">@41_shiohara からのツイート</a>

twitterに関しては、APIの制限とか色々話題が絶えません。
web制作者としても、サービスを開発する上で、かなり身近な話題なので、注目していきたいですね。

BoxToYou 定期購入のススメ

先日、たった2分でECサイトがスタートできるstores.jpというサービスがリリースされてたという記事を公開しましたが、実は同じ日(だったと思う)に僕的に同じくらいインパクトがあるECサービスがリリースされていましたのでご紹介します。

BoxToYou

facebookのアカウントを使った定期購入サービス。
webで定期購入というと、なかなか耳慣れないかと思いますが、BoxToYouは、個人(又は団体)によって選択された商品を定期的に購入できるサービスです。

このBoxToYouですが、クリエーター支援で有名なGrow!がリニューアルする形でリリースされています。
出品者は、発送回数や料金、内容などを登録して審査にパスすれば、販売可能となり、注文が入れば、期日までに商品を配送するという形になっています。
発送のタイミングは年間を通じて決められるので(年4回とか)、必要以上に在庫を持つことも不要です。
商品も、食料(野菜)などから雑貨まで、薬品などの特別なもの以外は出品可能のようですね。

ガチで商品を販売するというよりは、個人なり団体を定期的に応援したいから、注文するという意味合いの方が強いかな?と思いました。どちらかというと、定期購入することで繋がるクラウドファンディングに近いのかな?

今回紹介するサービスは、元々Grow!というクリエーターを支援するプラットフォームが母体なので、そうゆう印象が強いのですが、web上での「定期購入」はすごく有りだと思います。

有名な所でいうと、
SAKELIFE -美味しい日本酒を厳選して毎月お届けする定期購入サービス

なんかもそうですよね。

販売側は、定期的に購入してもらえる確証を得られるわけですし、購入側は、「好きなブランド」の知らない商品を定期的に購入できるワクワクを得られるというwin×winの関係が築けるのかなと。

そんなわけで、BoxToYou大注目のサービスです。

手軽に無料でWEBショップが始められるStores.jp

このブログのネタとしてはちょっとあれなんですが・・・
オンラインストアが簡単につくれるサービスがリリースされたのでご紹介します。

Stores.jp
謳い文句にもあるように最短2分でしかも無料でオンラインストアが始められます。
※無料版は機能制限あり
※決済手数料5%あり

クレジット決済などもデフォルトで付いていますので、かなり便利です。

実際に導入するには検証が必要ですが、既にwebサイトがあってとりあえずちょっと商品を販売してみたいなーなんて場合に、低コストで導入できるのでいいんじゃないかと思いました。

コレにかぎらず、プラグイン的にECサイトを始められるサービスが多数あります。
がっつりECサイトを構築するとどうしてもコストがかかってしまいますので、気軽に始められるサービスは、研究しておく必要があるかと。

そんな、ECサービスのご紹介でした。

あ、このStores.jp導入事例がかなりおしゃれですね。
そうゆう敷居は高いかもしれないです・・・