Webデザイン行く年来る年(Shift7)に参加してきた。

既にweb業界の年末の風物詩となりつつある、「Webデザイン行く年来る年」。毎年、行きたいと思っていてもなかなか参加できずにいましたが、今年は思い切って参加してきました。

CSS Niteは、昨年のCSS Nite in SHINSHU, Vol.1ブリです!

今回のShift7は、特に長谷川さんの基調講演とか、たぐちさんのモバイル系のセッションが目当てだったのですが、全体的にすごく面白くて、明日から使えそうな身近なネタから、近い未来の話まで…とても勉強になりました。

えっと、今松本に帰るバスの中でこの記事を書いているのですが、ちょっとめんどくさくなったので、
頭に残っているセンテンスを箇条書きします。
詳しくは、各セッションのスライドが公開されたら、ご確認くださいm(_ _)m

洗練されたデザインが必ずしも正しい訳ではない。
企業サイトのレスポンシブデザイン率がとても低い。
今後は、960pxからのwebデザインはなくなっていく?
やっぱCSSプリプロセッサーは必須だよね。
来年あたりは、SVGがくるんじゃね?
デザインのトレンドは、フラット、ギシギシ系、そしてハニカム。

…我ながら適当すぎる…
もう少し、まじめに書きます。

個人的に印象的だったのが、たぐちさんのセッション「スマートデバイス 2013 → 2014」で、
上場企業のレスポンシブデザインがわずか7件(モバイルサイトを公開している約230社中)という事実です。
たぐちさん的には、だからこそ、来年はレスポンシブだ!的なまとめでしたが僕的には、必ずしも企業サイトはレスポンシブじゃなくてもいいんじゃないかと思っています。

セッションの中でもありましたが、今のレスポンシブデザインはあくまで、ウィンドウ幅による割り振りだけの話であって、コンテンツはスマートフォンやタブレットに最適化されていません。

もともとレスポンシブデザインを意識して、ワークフレームをつかって作っているならまだしも、がっつりPCサイトをデザインして…とかだと、PC用の重たいデータを読み込む必要がでてきたりします。
ほんとにそれでいいのか?と。

だからって、毎回スクラッチでスマホサイトを作るってのも、大変なんで、どうすればいいかはしっかり考える必要がありますが、今回のお話をふまえて、僕的には、
「スマホ用のテンプレートを用意して、動的にコンテンツを流し込む」
ってのが、ベストプラクティスなんじゃないかなと考えています。
えっと、私心が入ってしまいましたね。

全体を通して、今のWEB業界はまさに過渡期なんだなってのが実感できました。
PCからマルチデバイスへ。静的なデザインから動的なデザインへ。
色々試行錯誤していくしかないのかなというのが、正直な感想です。

業界の最前線で活躍されている皆さんの生の声が聞けて本当に勉強になりました。
ありがとうございました。

最後に今回のセッションの中で登場したキーワードの中でいくつか記事にしていたものがあったのでご紹介します。

CSSコーディングの新しい概念 BEMなる考え方について
Google Mapの色を変えてみるの巻

WordPress使いではない僕が WordCampTokyo 2013に行ってきた

この週末、ちょうど家族の用事が東京方面であったので前乗りして WordCampTokyo 2013に参加してきました。白状するとWordPress歴はこのブログ+α、クライアントワークではほぼゼロ。そんな初心者な僕ですが、なぜか、 WordCampは2回目だったりします。

今回は蒲田の大田区産業プラザでの開催でした。回を増すごとに参加人数増えてます?今回もすごい人でした。

これだけの動員数を無料でできるというのはすごいことだと感心しつつ、参加したセッションのまとめをば。

コンテンツセッション

染谷昌利さん、竹内紳也さん、田村啓さん、白坂翔さん、三浦卓馬さん

20130915_contents
いきなり、Wordpressとはあまり関係ないセッションですが、コンテンツをどう作るかは、web制作行う上でとても大切な項目です。
あの話題の爆速結婚の方も登壇していましたので、参加させてもらいました。(ミーハーっす)
当日の様子は、youtebeで配信されるとのことでしたので、詳しくはそちらをご覧いただくとして、このブログに限らず、クライアントに提案する立場としてもやはり、「コンテンツ イズ キング」なんだよなぁと、再認識できました。
その一言に尽きます。

デザインセッション

北村崇さん、五十嵐和恵さん、後藤賢司さん、井村圭介さん

ちょうど別のセッションと被ってしまって、半分しか参加できなかったのですが…
仙台で制作会社に勤務されている五十嵐さんの「Wordpressをカスタマイズする時、クライアントのリテラシーに関わらず、ストレスなく更新できるように、エディタをカスタマイズする」というような主旨のお話をされていました。
とても必要なことだと思います。コンテンツセッションとも通じますが、更新してなんぼです。そこにパソコンのリテラシーなんて持ち込ませないような設計、デザインが求められているんじゃないかと思います。

Let’s mashup !! アイデアとWebAPIで大ヒットサイトを構築しよう

阿部正幸さん

このセッションは同時開催されていたPHPカンファレンス2013のです。
具体的にどうこうって話ではありませんでしたが、色々リリースされているAPIをうまく使えば、アフター5なプログラマーでも、webサービスの開発が容易にできて、うまくいけば、スタートアップできんじゃねっていう、夢のあるお話でした。
僕の場合、そもそもAPIを扱う技術がないという残念な感じですが…
今後生き抜く技術として、バックエンド側の知識もあったほうがいいよねと改めて感じました。

Googleさんに聞いてみよう

染谷昌利さん、坂本達夫さん、金谷武明さん

Googleの中の人によるセッションです。流石に、こうすれば検索に有利って具体的な事は教えてくれませんでしたw

ここでも言われていたのが「コンテンツ イズ キング」
SEO対策云々というか、小手先のテクニックよりも、いかに有益な情報を発信して、何度もサイトに訪れてもらえるようになるか。それに尽きると。
確かにそうですよね。いくら色々なテクニックを使って検索で上位にあげても、中身がカスカスだったら、サイトの反応はありませんからね。
うん、気をつけよう・・・

番外編

成り行きで、WordPressカルタなるものに参加してみました。
これは、HTML5カルタで有名な@webcre8さんが作ったWordPressに関する問題をカルタ形式で楽しむというものです。結果は・・・

20130915_karuta

チーン。
現実はそんなもんです。いいんです。参加する事に意味がある。
ちなみに、一緒にカルタをした@Toro_Unitさんは、その後決勝ラウンドに進んで一番と取ったみたい。さすがっす。

WordPressぜんぜんわからない僕でもとても楽しく、為になる時間を過ごせました。これだけのイベントを運営するのは、すごい労力だったと思います。運営スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

このブログも少し手直ししよっと。。。

みんなに喜んでもらうためのGoogleアナリティクス活用講座に参加してきた

ちょっと出遅れた感がありますが・・・先週末id=Nagano主催 サイバーエリアサーチの室園さんの『みんなに喜んでもらうためのGoogleアナリティクス活用講座』に参加して来ました。
室園さんといえば、伝説の「超マキ」セッションで有名なあの方です!
それにGoogleアナリティクスは、サイト制作時には必ず設置してますが、あまり活用できていないと感じていましたので、すごく楽しみでした。

苦行?荒行?でも効果テキメン

さすが!とうかかなりマニアックでした。
もちろん、いい意味でです。

まさか正規表現とかの話がでてくるとは思っていなかったので、意表をつかれました。

全体的に、エンジニアさん向けとまでは言いませんが、デープなお話で付いていくのがやっとでしたが、
不思議な事に、話を聞き終わるとなんとなくイメージがつかめた感じです。

まさにそれは室園さんが意図していたことだと思うのですが、今まで「GAって難しいし、よぐわがんね」だったのが
「こうしたいからこれを調べればきっとわかるかな」と、意識の変化ができたので、もう少し突っ込んで使っていけるようになるかなと感じています。

これって、勉強するってまさにこうゆうことですよね。

この業界、色々な知識を吸収しなきゃいけないです。何もわからなければ、自分で考えることもできずに、解法を聞くしかありません。
そこで、少しでもベースができていれば、そこから推測もできるし、google先生に聞くことだってできるようになります。
僕も社内で教える立場にいるのですが、ついつい気持ちよくなって1から10まで教えてしまっています。それって、実はあまりよくないですよね。自力で進めるくらいのことだけ教えて後は自分で解決してもらう位の距離感がいいのかもしれないと感じました。

・・・GAとは関係ない話でした。

数字だけを追うものではない。

当たり前のことかもしれなせんが、GAは数字だけを追うものではないんですよね。
数字をもとに仮設を立てて、検証していく。または、その検証にはこうゆうデータがあるといいからそれもうまく取得してみる。みたいな流れができるようになると、クライアントにもっと幸せになってもらえるかもしれません。
残念ながら、僕にはその辺のテクニックや経験がないので、今回のセミナーをもとに、勉強していきたいなと思っています。

週末にかけて、大変予定が立て込んでいて、懇親会にも参加できなかったのが、すごく心残りでしたけどorz
すごく参考になるセミナーでした。

室園さん、どうもありがとうございました。

ほっこりする「本」の事

Advent Calendar in 信州松本(だけじゃなくてもいいよ)絶賛開催中でございます。
まだまだ、枠は空いていますので、興味がある方、チャレンジしたい方はぜひどうぞ。

で、今日は、ちょっと別の話題です。
「本」の事 とタイトルをつけましたが、12月にふさわしい「ほっこり」するキャンペーンが開催されていますので、ご紹介を。

スターバックスBook For Two

期間:2012年12月5日〜25日

読み終わった本をスターバックスの店頭で寄付すると、換金されてオーディオブック製作支援の費用としてつかわれるというキャンペーンです。

Book For Two | スターバックス コーヒー ジャパン

サンタ・プロジェクト・まつもと

期間:2012年12月8日〜20日

提携書店(松本パルコB1リブロ ちいさなおうち(松本市沢村)他)にて、本を受け取る子どもの情報が書かれたカードをえらび、そのカードに記載されている本を購入すると、サンタさんとしてその子に本を贈る事ができるというキャンペーンです。

≪サンタ・プロジェクト・まつもと とは?≫
クリスマスを病院で過ごす子どもたちに、心を「本のプレゼント」の形で贈りましょう。と言うプロジェクトで今年が初めての開催となります。
皆様からお送り頂いた本は「信州大学医学部附属病院小児科」・「県立こども病院」に入院している子どもたちにお届けいたします。

松本パルコ トピックス【【地下1階本のリブロ】「サンタ・プロジェクト・まつもと」に参加いたします。】

気忙しい12月ではありますが、少しだけ他の誰かのために何かをしてあげると気も楽になるかもしれませんね。他の誰かのためということで、「Advent Calendar in 信州松本(だけじゃなくてもいいよ)」も信州のwebのために頑張っています。ご声援・ご参加のほど、よろしくお願いします。
と、強引に宣伝につなげてみました。

来年は、プロポノとして、こうゆうプロジェクトに関われたらいいのになぁ。

Advent Calendar in 信州松本やりませんか?

こんにちは。業務多忙を言い訳にブログを放置している4_1です。こんなことではブログのアド収入だけで暮らしていくという壮大な目標が達成できません・・・ちなみに現在の総収入は◯百円です・・・小遣いか!

はい、久しぶりなので、テンションがおかしいですけど、ここからは真面目に。
Advent Calendarってご存知ですか?

主にweb関係者で12月に行われるお祭りです。
具体的には、テーマを決めて、毎日持ち回りでブログを更新していくというもの。
無印良品とかで売っているツリー型の引き出しが25個付いたお菓子の箱。これが語源のようです。
忙しい師走をみんなで情報共有して、乗り切ろうよ的なことでしょうか。

3,4年前くらいから各分野で開催されているので、ご存知の方も多いかと思います。

で、そのAdvent Calendarを信州松本でやりませんか?というのが今回のお話です。
それこそ、java scriptとかHTML5とか流行りのテーマは、有名な方々がやってくれるだろうし(他力本願)
どうせなら、地元のみんなで頑張ってみませんか?というのが趣旨です。

テーマもざっくりと「web全般」としました。実際自分が仕事をしている中で、打合せから始まってデザイン、コーディング、クライアントとの折衝、公開後のフォローなど一貫して行うことが多いです。
そうなると、色んな知識をしらないとできないのが現状です。(会社さんによっては、分業もあると思いますが、フリーランスの方も全て自分でやることのほうが多いですよね?)

これを機に、今まで知らなかった情報や考え方なんかに出会えれば最高かなと。
こんなに小さいエリアで仕事をしているので、もっともっと横の繋がりがあってもいいんじゃないかと思っています。
そんな人の繋がりも含めて、Advent Calendar in 信州松本を通じて広げられたらいいなぁと考えています。

参加をして頂ける方は、ATNDページから参加の意思表明をお願いします。

Advent Calendar in 信州松本への参加申し込み・詳細はこちらをご覧ください。

細かいルールは、ATNDの方に書きましたが、
1.松本周辺で暮らすor仕事をしている方
2.webに関するテーマでブログを投稿すること

情報共有もさることながら、繋がりをつくることも大切だと考えていますので、初心者から玄人まで幅広くご参加いただけるとうれしいです。
※あまりにも人数が少ないと一人あたりの負担が増えますので、皆様ふるってご参加ください。
※盛り上がったら打ち上げなんかも企画しますので、よろしくお願いします!

イベントイメージ画像

セミナー・勉強会・講演会

開催場所長野県

Advent Calendar in 信州松本

2012

12/01(土)00:00

2012

12/25(火)00:00

AdventCalendarを信州松本周辺のクリエーターで!テーマは「web全般」フロントエンドの技術ネタから、マーケティング、ディレクションのノウハウ、サーバーサイドのコアなネタまでなんでもOKです。趣旨は、田舎のクリエーターの底力を見せ…

申し込む

イベントの告知と運営ツール : イベントアテンド

『BE ソーシャル!』出版記念斉藤徹氏講演会 in 長野

長野ソーシャルシフトの会が主催で、斉藤さんの講演会が決定しました。
ただただ楽しみで仕方ありません。
もちろん、僕も参加させて頂きます。(もしかしたら裏方になるかもしれませんが)

参加申し込みは本日より先着35名となっておりますので、どうぞお早めに。

開催概要

●日時
2012年12月7日(金) 
開場19:00
開演 19:15
終了 21:15
※時間配分は予定です。

●会場
長野市 生涯学習センター (TOiGO) 第1学習室
〒380-0834 長野市大字鶴賀問御所町1271-3 TOiGO WEST 3F
Tel:026-233-8080 / Fax:026-233-8081
http://www.toigo.co.jp/access/

●参加費、定員
2,000 円(35名:先着順)

●チラシPDFのダウンロード
https://docs.google.com/open?id=0B_irC-xm0Wf2N2FiLTNDZ3d6SDQ

●申し込みフォーム
http://kokucheese.com/event/index/55651/

詳しい情報などは長野ソーシャルシフトの会FaceBookページをご覧ください。
http://www.facebook.com/naganosocialshift

Web担当者Forum ミーティング 2012 in 名古屋

名古屋で開催されたWeb担当者Forum ミーティング 2012 in 名古屋に参加してきました。
セッション的にはどちらかというと企業のweb担当者向けのものが多かったんですが、どうしても無印良品のソーシャルメディアに対する取り組みが聞きたかったので、月末だけど無理を言って行かせてもらった訳です。

備忘録と社内レポもかねて、セッション内容をまとめたいと思います。

「ソーシャルメディアは儲かるのか?無印良品が進めた現実的な取り組みと考え方」

株式会社良品計画 WEB事業部 コミュニティ担当 風間 公太 氏

このセッションが聞きたくてわざわざ名古屋まで行ったようなものです。内容も素晴らしかったです。

無印良品というと、ソーシャルメディア活用の成功例として、様々な分野で取り上げられている企業です。その現場の担当者さんの話なので、とてもリアリティーがありました。

結論からいうとソーシャルメディアは儲かるとの事です。
というと、だいぶ語弊があるのですが・・・

印象的だったのが、ソーシャルメディアで確実に売り上げが上がっているけど、それが目的ではなく
あくまで、「お客さんとのコミュニケーションツール」つまり「お客さんをより深く理解するための窓口」という位置づけであることです。
もちろん、無印良品という企業が昔からお客さんとの対話に重きを置いてきたという歴史もありますが・・・

無印良品のソーシャルメディアでの活動に関して一貫して言えるのが「お客さんを楽しませる」という気持ちが伝わってくるということです。
直接リプがないツイートに対して、ネゴサーチを行なって、リプをしてあげたり。
ツイートする時に、あえてツッコミをいれてもらう「スキ」を用意していじってもらったり。
その辺は、NHKのアカウント(@NHK_PR)も同じかもしれません。

ソーシャルメディアは圧倒的に導入コストが安いともおっしゃっていました。ちなみに担当者の風間さんは一人でツイッター、facebook、mixiを管理されているようです。(キャンペーンとかは、複数の人が関わっていると思いますが)
それでも他の業務と兼務で一日あたり60分〜90分程度の時間を割いているようです。

業種や規模もあるので一概には言えませんが、この発言は驚きでした。

確かに、これだけ簡単に直接お客さんとつながれるツールは他にないですよね。うまくお客さんとつながれれば、当然「応援したい」という気持ちになって、実店舗にいったり、自分のソーシャルグラフでアピールをしてくれたりetcとよい関係性を築けると思います。

もちろん、そのためにはテクニックというかセンスが必要かもしれませんが。
これからは、コンテンツを考えられて、それを伝える能力が必須になっていくのかもしれないと思いました。

えっと、その他のセッションは演題のみのご紹介ということで。

■Search(検索)を中心としたデジタルマーケティング最新動向
株式会社アイレップ 代表取締役社長CEO 紺野 俊介 氏

■わかる!マルチデバイス対応-2012晩夏-+ HTML5 CMS – Web Meister
株式会社サイズ 代表取締役 糟谷 博陸 氏

■見たいデータはここにある!成果に繋げるネット広告効果測定データの上手な活用法
株式会社ロックオン 営業ユニット 高橋 悟 氏

■集客数・コンバージョン率向上に役立つ ウェブセキュリティ対策
~マーケティング担当者も知っておきたい最新セキュリティ事情~

日本ベリサイン株式会社 SSL製品本部ダイレクトマーケティング部マネージャ 中川 就介 氏

月末でしかも明日は友人の結婚式で仕事ができないというかなり強行スケジュールのなかで参加したセミナーでしたが、本当に行った甲斐があったと思います。無理を聞いてくれた社内の皆さんに心から感謝です。

来週から必死で頑張りますので。

長野ソーシャルシフトの会に参加してきました

先週末、「長野ソーシャルシフトの会」というワーキンググループの勉強会に参加してきました。
これは、斉藤徹さんのソーシャルシフトを実践すべく、この考えに共感した有志による勉強会です。
と、書くと、ちょっと固い感じがしますね・・・

こういった小規模の勉強会に参加するのは始めてで、しかもweb(facebook)で勉強会の存在を知って、参加させてもらうという行為自体も始めてでした。(実は、知り合いの方がいらっしゃったので、まったく初対面というわけではありませんが)都会では、勉強会自体が頻繁に開催されていると思うのですが、地方ではなかなかありませんからね。

実はすごく緊張していたのですが、メンバーの皆さんはほんとに気さくな方が多くてすぐに打ち解けられました。参加者は、多種多様です。大手メーカーの方や、物販系の方、人材系の方、パソコンスクールの方やweb制作関係まで。職業柄、クライアントにSNSの使い方などをお伝えする機会もあるのですが、実際にSNSを使っている企業の方のお話はとても参考になりました。僕自身も僭越ながら、日々感じていることや提案する側の立場としての意見などをお話させてけど・・・
立場は違えど、皆さん真剣に「勉強したい」という気持ちがビシビシと伝わってきて、すごい刺激になりました。

ソーシャルシフトの会というだけあったので、読書会に近いものを想像していましたが、そうではなく、どちらかというと、自分たちの事例を元にしたディスカッションに近かったです。

はじめてということもあって、終わった後の疲労感は半端無かったんですが(笑)とても心地よい疲れ方ができた一日でした。そして疲れ以上の得るものがあったと思います。小規模の勉強会ですが、興味がある方はぜひ参加してみてください。

語弊があるかもしれませんが、形式や業態にとらわれず自由に学べる印象がありました。これからこうゆう形態が主流になってくべきなんじゃないかと思います。(勉強会に限らず、仕事とか、色んな事を含めて)

長野ソーシャルシフトの会

ソーシャルシフとの読書会という訳ではないのですが、参加される場合は、「ソーシャルシフト」一度目を通しておいていただくといいかもしれませんね。

css nite SHINSHU vol1 に参加してきました

本日、塩尻市のえんぱーくで開催されたCSS nite SHINSHU vol1に参加してきました。
CSS niteは言わずと知れた、web関係の超有名なイベントです。僕も何度か東京で開催されたセッションに参加した事があります。そんなCSS niteが長野県の塩尻市で開催されるといえば、行くしかありません。

備忘録という意味も込めて、セッションのまとめをしたいと思います。
※僕の勝手な解釈ですので、スピーカーさんの意図と違ってたらごめんなさい。
※漏れがあったら、許してください。
※大人の事情で、内容が変更になっても笑って許してください。

セッション1 WEBデザインのトレンド半期決算

原一弘さんハラヒロシさん、斉藤 深雪さん
CSS Nite shiftで有名なセッションの上半期版です。
上半期というか、ココ一年くらいのトレンドを体系立てて説明してもらいました。
原さんの説明の然る事ながら、ハラさんや斉藤さんの意見もとても的を得ていて、参考になりました。
僕自身がwebデザインをするなかで、参考にした事があるサイトもいくつかあったりしたのですが、体系的に分類してもらえると、とても参考になりました。

セッション2 Adobe Creative Suite6 Webツール新機能紹介

大倉さん(アドビシステムズ)
アドビの旅芸人(笑)大倉さんによるCreative Suite6 の説明でした。
最近方々でfireworksの便利さを聞いてましたが、実際にデモをしてもらうとすごいっすね。
ちょっと乗り換えてもいいかもと思ってしまいました。
特に、cssスプライトの書き出しとか。僕はジェネレータで処理してしまう派なんですが、ジェネレーターだと元ファイルが残らないので、後から画像の変更とかがあると一からやり直しです。
その点、fireworksだと、元ファイルが残ってるので、修正も楽かと。
その他、知らなかった諸々の機能を説明してもらえて勉強になりました。

セッション3 信州webの輪

地元で活躍されているクリエーターさん、プランナーさんのお話。

デザインスタジオエルのハラさんや、プラルトの平竹さん、web8の草間さん、フリーランスの青柳さんや上条さんなどのお話でした。
デザインのセオリーから、システム的な部分まで実際に経験されたお話でしたので、とても参考になりました。
とりあえず、デザインしたら、カミさんに評価してもらうことにします。

セッション4 レスポンシブwebデザインのエッセンス

鷹野さん

鷹野さんのセッションです。実は始めて聞きました(汗)
さすがですね。よどみのないプレゼンは、聞いていて気持ちよかったです。
内容的にも、きちんと検証された内容でしたので、その姿勢も含めて勉強になりました。
レスポンシブデザインについては、色々議論の余地があると思います。そういった含みも込めて今後の課題として参考になるセッションだったと思います。

最後に、実は、ハラヒロシさん共著の「配色デザインのアイデア1000」を頂戴しました!
ちょっと気になっていて購入しようか迷っていた本だったので、すごい嬉しいです!しかもハラさんのサイン入りという。家宝にさせてもらいますw

アフターパティーも参加させてもらいましたが、地元で頑張っているクリエイターさんとお知り合いになる事ができたり、今日登壇されたスピーカーの皆さんともお話ができ、すごく刺激をもらえました。
次回があれば、色んな意味でお手伝いしたいと思っています。
企画、運営された皆さん、色々大変だったと聞いています。本当にありがとうございました!