【読んだ】歩き続ければ、大丈夫。

Pocket
[`evernote` not found]

ふとFacebookだかTwitterのタイムラインに流れてきて、面白そうだったから買ってみた本です。

歩き続ければ、大丈夫。
著 佐藤芳之

著者の佐藤さんという方、恥ずかしながら存じ上げなかったんですが、長年アフリカで事業をされて、ご成功された方のようです。カンブリア宮殿などでも取り上げられたようなので、ご存知の方も多いかもしれません。

この本の中では、佐藤さんのアフリカでのお仕事の様子に触れながら、成功のエッセンスが綴られています。
…と書くと、いかにもな感じですね。いわゆる自己啓発という感じではありません。

あまりその手の本は読まないので、比較できないんですが、成功するにはこうしろ、あーしろという押し付けがましい感じがまったくしなくて、そっと背中を押してくれる感じ。
うまく伝えられなくていけませんが、読むと勇気が湧いてくる。そんな本です。

本の中に散りばめられているワードがほんとすっと入ってくる感じは、読んでいてい心地よかったです。

「必死でやらない、夢中でやる」
「足がすくんでしまうのは、ヘッドファーストになっているから」
「tangibleなものを作りなさい」
「ぴったりくる理由をみつける」
などなど

箇条書きにしたので、よくわからないと思いますので詳しくは、本を読んでもらうとして(笑)

例えば、何かを始める時、計画をきちんとたてて、成功する確証がもてたらスタートしようというのが一般的ですよね。そうじゃなくて、まずは走りだしてみよう、そうすれば色んな偶然がくっついて来て、うまくいくかもしれない。
当然失敗だってする。やってみないと、始まらないよ。そんなイメージです。

地に足をつけながら、地道に頑張ればいつかうまくいくよ。そんなメッセージが詰まっています。

まー、ある意味今の世の中のスピート感とは真逆なのかもしれませんが…
逆にこうゆう感覚って大切なのかなぁと感じました。

Follow me!

Pocket
[`evernote` not found]

カテゴリーbook

コメントは受け付けていません。