Adobe Colorリリース記念。デザインをする時の色選びに役立ちそうなツール

Pocket
[`evernote` not found]

最近めっきりデザインをする機会が減ってきていますが、サイトのメンテナンスなどのちょっとした作業をする時やデザイン依頼をする時など「色」の指定をしなければならない機会はチョイチョイあります。

だいぶ前ですが「色選び」は、センスなのか、誰でもできるのかという議論がありましたが…
色彩センスのない人がそれなりのWebサイトを作るための秘訣3つ
Adobe kulerを使った誰にでもできそうなWeb配色

今日は、僕が利用している&ちょっと導入してみたいツールをご紹介します。

Chroma

これは、以前ブログでも紹介したかもしれませんが、名前が似ててややこしいですが、Chromeのプラグインです。

Chroma

サイトの修正作業などでコーディングしながら色を作りたい時にとても重宝しています。
基本色のカラーコードを入力して、HSBベースのスライダーで調整でき、特に色調の違いで色のパターンを作ってくれる横軸はかなり便利です。こういった色味はなかなかデザインツールだけでは作成できません。

使いたい色をクリックするとHEXでコピーされるので、そのままエディタにコピペできるという手軽さもいいです。
個人的には「#」はいらないですけど…
chroma

Adobe Color

Adobe Color

先日リリースされたアプリです。正確には、Kulerがバージョンアップしたんですが。
このバージョンアップで、iOSアプリがリリースされました。
iOSで撮影した写真から色を抽出して、カラーセット(テーマ)を作成し、共有できます。
PhotoshopCCであれば、Adobeクラウド経由で共有できますし、それ以外でもメールやSNSからも可能です。

写真 2014-10-07 2 31 39
こんな感じで、写真から色を抽出してくれます。

撮影した際に、自動でカラーセットが生成されますが、気に入らない色があれば、修正も可能です。
デザインをする際に、メインとなるイメージがある場合など、全体の色みを合わせたい場合に便利かと思います。
また、普段からよさ気な色使いをしているものを撮影して、テーマをストックしておけば、デザインをする時の色選びがスムーズになるかもしれません。

Kulerはあまり使っていませんでしたが、今回のアップデートでテーマ作成という行為が実生活に落とし込まれた感があります。
普段から意識して「色」という視点で周りをみるようになれば、デザインのセンス向上にもつながるかもしれませんね。

以上、彩りあふれる秋にちなんで「色」にまつわるお話でした。

Follow me!

Pocket
[`evernote` not found]

コメントは受け付けていません。