最近はやりのCSSプリプロセッサや静的ページジェネレーターの実務導入について考えてみた。

Pocket
[`evernote` not found]

制作に関する話題です。
ここ数年(しかも割と早いスパンで)で、WEB制作のトレンドが大きく変わってきているように感じます。
例えば、SCSSといったCSSプリプロセッサ、Gruntなどのタスク実行ツール、Middlemanなどの静的ページジェネレーター。
今までは、CSS、JS、HTMLなどを直接記述していましたが、何らかのコンパイルツールを介する事で、効率よく制作、管理するというのが主流になっています。

実際僕自身も未熟ながらそういったツールの恩恵を得て、効率化を図っています。
実務の中でも、利用する機会が増えてきているのですが、その時のメリットとデメリット、注意すべき点について考えてみました。

メリット

・効率的かつ簡単にフロントエンドの実装ができる。特にCSS周りではSCSSなどの利用は必須です。
・ツール自体のエラーチェック機能があるので、致命的な記述ミスが減少する。

デメリット

・少なからずツールに依存してしまう部分がある。
・初期制作とメンテナンスを別人が担当する場合、利用するツールのすり合わせ、学習、ツールの管理などのコストが発生する。

簡単にまとめると上記のようなものかなと思っています。
つまりは、社内またはチーム内である程度の統一が必要であると。
当たり前のことです。便利だからという理由で勝手に使っても、その後を引き継ぐ人の事もケアされていないとかえって不便なツールになってしまったり、何人かの手を経て、初期制作者の元に戻ってきた時に当初想定していた運用フローからかけ離れたスパゲッティコードになっている。なんてことも考えられます。

結局は、運用フローもしっかり設計して、ルールを徹底しろってことになるんでしょうが、その時にきちんと指揮をとれる人間が必要だよねってことかなと思っています。

そんな訳で、コーディングというWEB制作の肝になる部分もきちんとケアできるディレクターでありたいなぁと思う今日このごろでございます。

あ、個人的に今更感がすごくありますが、Middlemanでの実装がとてもいい感じだったりしてます。
静的ページジェネレーターというよりは、SCSSのコンパイルツール的に使っています・・・
それなら、Gruntを覚えてそっちで対応しろよって突っ込まれそうですが。

Follow me!

Pocket
[`evernote` not found]

コメントは受け付けていません。