上級ウェブ解析士に挑戦中でございます

Pocket
[`evernote` not found]

久しぶりのブログです。ちゃんと生きています。

さて、突然ですが、上級ウェブ解析士なる資格に挑戦しています。
先週、2回目の講義と筆記試験を終えてきました。
(筆記の結果は・・・ギリギリパスしたみたいです!)

この後、2週間以内(試験は先週だったので、残り1周間)に終了レポート(20枚以上!)を提出して、中間レポート、筆記、修了レポートの合計点で判定され、運が良ければ、無事上級ウェブ解析士と認定してもらえるという運びでございます。

ウェブ解析士ってなんぞ?って方もいらっしゃると思いますが、詳しくは協会のwebサイトをご覧ください。
WACAウェブ解析士認定講座

ここでは、なんで僕がウェブ解析士を目指そうと思ったかということを書きたいと思います。

僕自身、長らくWEBの仕事をしています。制作部門からのスタートでしたが、だんだんディレクション的な事もするようになってきました。制作のみならず、どうすれば、WEBでクライアントに売上をもたらすことができるか。そんなことも考えなければならなくなってきました。
結局WEBサイトって、道具にすぎないと考えています。いくら見た目的に良いものを作っても、きちんと使いこなせないと意味がありません。お客さんとの関わりのかなで、なかなかベストな対応ができないことの方が多くて、日々反省しているのですが、「WEBサイトを道具としてきちんと使う」=WEBマーケティングを体系的に学ぶ事ができるのが、今挑戦しているウェブ解析士なのかなと。

もちろん、他にも同様な資格があって、なんでWACAのウェブ解析士にしたかって言ったら、たまたま、地元で無料セミナーがあって、たまたま、近くに講師になってくれる人がいたり、たまたま、近所に同じ資格を目指している人がいたり、たまたま、WACAの重鎮(会長を含む)と飲む機会があったりと色んな巡り合いがあったからこそというのも事実です。

会社の中で働いていると、なかなか社外の横の繋がりってできにくいです。特に田舎にいたり、若干コミュ症だったりすると。
一緒に勉強できる仲間に出会えたり、最前線で頑張ってる人を見て、自分の足りない部分に気づけたりとすごく刺激を受けています。

ちなみに、上級ウェブ解析士ではどんなことを勉強するかというと例えば、このブログ。

実際には収益性を求めてはいませんが、
収益を得るためには、自分の強みと他社との関係を調べて、内容を最適化した方がいいよねとか。
月1万の収益を得るには、どれだけアクセスを集めればいいかとか。
そのためにいくら広告に使えば、損がでないかとか。
どのタイミングで更新すれば、一番効果的かとか。(今日はそんなこと無視して投稿しますが)

そんなわけで、これから1週間、仕事もありますが、レポートをコツコツ進めていく所存でございます。

Follow me!

Pocket
[`evernote` not found]

コメントは受け付けていません。