今年はマーケティングに力を入れようと思っている僕が、今月読んだWebマーケティング系の3つの書籍

Pocket
[`evernote` not found]

この業界に入って、7、8年経ちまして、がむしゃらにサイトを作ってきました。
最近では、少しずつ企画面から関わることが増えてきました。
お客さんと接していると、当たり前ですが感じるのが、「webを使って何かをカイゼンしたい」という思いです。
全てがすべて、がつがつと「売らなきゃ」という訳ではないのですが、それでも何かしたいから相談されるわけで、それには全力で応えなければなりません。
で、自分のスキル的にどうかというと、「経験的に分かってきたこと」はあるにせよ、体系的な「売る」ための理論って足りないよなって日々感じておりまして…

今年はきちんとマーケティングの勉強をしたいと思っている次第であります。
といっても、学校に行って勉強とかも難しいので、とりあえず本を読むということで、最低月3册くらいはマーケティング系の本を読もうと思っております。
一ヶ月に本を3冊読むくらいは大した目標でもないと思いますが、いかんせん、意思が弱い人間でございますので、大々的に公表することで、さぼらないようにという魂胆でございます。

つーわけで、今月読んだ本をご紹介します。

「小さな会社のweb担当者になったら読む本」

会社の本棚にあった本です。(読んだ形跡はありませんでした)
内容的には、タイトルのまんまです。いわゆるwebマーケティングに関して、浅く広く基礎的な事が書かれています。それほど厚い本でもないので、ささっと読める内容です。(初めての方は、少し時間がかかるかもしれません)
クライアントの担当者さんがこの本を読んでいると、割と共通言語としてweb上での色々な対策の施策の話など話しやすくなるよなぁという感じです。

「すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング111の技」

こちらもwebマーケティング系の本です。先ほどの「小さな会社のweb担当者になったら読む本」はwebサイトをつくる前から運用までの話だったのですが、こちらは運用面に特化した内容です。
レベル的にも少し難しいです。(「小さな会社のweb担当者になったら読む本」に比べると)
111コのトピックスがありますので、すべてが全て必要という訳ではないのですが、web屋さんが読んでも「なるほど」と感じるトピックスもたくさんありましたし、先ほどの本同様、担当者さんに読んでもらえると、意識向上とか、共通言語になると思います。(実際にお客さんにも読んでもらっています。)

「ウェブ解析力」

こちらも、実践的なトピックス集です。様々な情報からいかにしてウェブサイトの現状を把握して、問題点を洗い出して、カイゼンしていくかという内容でした。実践的な内容もありますが、考え方がとても参考になりました。
例えば、ECサイトで売上げをあげなければならない場合、やみくもに「PPCを打ちましょう」では当然だめで、目標値に対して現状でどこがどう足りないからいけないのかという事をきちんと把握した上で、原因に応じた対応が必要。
言われてみれば当たり前ですが、それは、表面的なアクセス数の推移だけじゃ当然分からない訳で、きちんと理由を推測しながら、解析結果を分析していかなければなりません。
なかなか、そこまで出来ていないくて、反省半分、やってみたい!半分という感じです。

今後、こういったスキルは必須になると思うので、しっかり勉強・実践していきたいと思います。

Follow me!

Pocket
[`evernote` not found]

カテゴリーbook

コメントは受け付けていません。