情熱って大切だよねってお話

Pocket
[`evernote` not found]

なんか大変青臭いタイトルで、しかも自己啓発っぽくてすごくあれなんですが…
ふと思う事があって、恥をしのんで書いている次第であります。

情熱って大切ですよね。

先日、家に帰って何気なくテレビをつけたらNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀−世界をもっと心地よく デザイナー佐藤オオキ」という番組がやっていまして、ほんと何気なく見ていたら、後頭部をハンマーでたたかれたような衝撃を受けてまして。

恥ずかしながら、佐藤ナオキさんという方、存じ上げなかったんですが、世界的に有名なデザイナーの方です。

番組を通じて、佐藤さんの仕事に対する姿勢とか、仕事の進め方、関わり方を拝見したのですが、涼しげな顔をしているけど、ものすごい熱量がある人だなと感じました。そりゃ、世界で活躍する人なんで当たり前なのかもしれませんが…

ただ、仕事の規模は当然違うせよ、「仕事」をするという事自体は、僕と佐藤さんに違いがないわけで、規模が小さいから適当にこなせばいいんだという事でもないんですよね。それも当たり前の事ですが。
そんなことをここ数日、この番組だけじゃなく、色んな人と話す中で、考えていて、今の自分の仕事ぶりと比較して、ちょっとまずいなぁと感じる部分もあって…

きっと、今の仕事を始めた事は、それこそ、知識も経験もなにもなくて、ただがむしゃらにやるしかなくて(非効率な事もたくさんしてきたけど、それが情熱だったのかもしれませんけど)、突っ走ってきたと思うんです。
それが、色々経験して、色んな仕事をするようになってくると、どうも方向性が散漫になってしまっていけないのかなぁと。

それでも、仕事の事を考えるのはすごく楽しいと思っているし、業務時間内に悶々と悩んでいた事が家に帰って「はっ」と答えに気付くなんてこともたくさんあるし、休日にこんなブログ書くくらい趣味=仕事みたいな感じになっているんですが、どうもうまく噛み合ない感があって、そんな時に佐藤さんの仕事ぶりをみて衝撃を受けた訳なんです。

今年もあと1ヶ月で終わってしまうし、そろそろ本気で情熱をもって仕事に取り組みたいと思う次第であります。

…なんだか訳のわからない記事になってしまいました。僕的なデトックス記事なので、適当にスルーしてください。

Follow me!

Pocket
[`evernote` not found]

コメントは受け付けていません。