CSSをはじめたばかりの人がSCSSを導入すべき3つの理由+α

Pocket
[`evernote` not found]

ちょっと釣り的なタイトルで、色々議論の余地もあると思うのですが・・・
自分を納得させるために少し考えてみました。

SCSSなどのCSSメタ言語は、業務としてCSSを書いているコーダさんにとっては、すごく協力なツールになっていると思います。僕自身、あまり難しいことはしていませんが、もはやコーディングをする際にはなくてはならないものになっています。
では、CSSを勉強しはじめた人にとってはどうなのかな?という所ですが・・・
僕個人としては、積極的に使っていった方がいいのではないかと思っています。

理由1 CSSの構文が間違っていたらエラーを吐いてくれるから

CSS自体は、それほど難しい構文を書く訳ではないのですが、慣れていないと凡ミスをすることがよくあります。(よくありました。)
そういった場合、通常のエディタですと、なかなか構文チェックまでしてくれないのですが、SCSSを使って書くと、CSSの構文が間違っている場合、エラーを出してくれるので、ミスに気付きやすくなります。(Preprosでコンパイルすると)
間違いに気付かせてくれるというのは、大きな勉強になると思います。

理由2 コードの使い回し、全体を考えたコーディングがしやすくなる

自分自身を振り返ってみると、CSSをはじめたばかりの頃は、目先のコードに追われて全体を考えずにコーディングしていました。(今も割とそうですがorz)
SCSSを使うということは、@extendなどコードを使い回して効率よく記述ことができるようなります。それは、デザインやサイト構成を把握した上で俯瞰的にコーディングできなと、実現できません。そういった考え方を導入しやすくなるというのは、とても良い事です。

理由3 ルーチン的にできる作業をやらなくてすむ

CSSの習得レベルに関わらず、これが一番大きな理由かもしれません。例えばスプライトとか、いちいち手作業でやっていたら、かなり時間を消費してしまう様な事も、CSCCを使えば、一瞬で実現されます。
それで空いた時間を理由2のような構成を考える時間に当てたり、CSSの表現方法を研究する時間にあてたりできます。
「時間」は有限で、与えられた仕事には「納期」があるわけで、その限られた時間を有効に使うにはやはり、頭を使うべき所に時間をかけるしかないです。
SCSSを使えば、それが実現できると思います。そうゆう意味では、CSSの習得レベルに関わらず、コーディングをしている人は積極的に導入すべきではないかと思っています。

で、最近見つけたPreprosというコンパイルツールがすごくいい感じだったので、おすすめです。
prepros
まず、おしゃれすぎます。
最近流行のフラットな感じです。

でも、このPreprosただのおしゃれアプリではありません。

ドラッグアンドドロップで深い階層も検知してくれる

これはいいっす。
僕の開発環境だと、ブログのテーマが並立しているのですが、従来のコンパイルアプリだと、それぞれプロジェクト定義をしなければならなくて、とても面倒でした。

このPreprosは、一発で、深い階層のSCSSファイルも認識してくれるので、管理が楽になりました。

JSのミニファイ化

jsファイルも計量化してくれます。
…あまり、大規模なjsファイルを書く事はありませんが、モバイル系とかだと、必要ですよね。

画像の圧縮

画像も圧縮してくれます。
これはいいっす。
今までは、web系のツールを利用していましたが、アプリで対応できると処理が楽です。

こんな感じで、よさげなツールでございます。

Follow me!

Pocket
[`evernote` not found]

コメントは受け付けていません。