MacのRubyをRVMでアップデートしてみるの巻

Pocket
[`evernote` not found]

先日、念願のMBAを導入してもらいました。アプリ系のインストールもだいたい完了しましたので、あとは開発環境を・・・ということで、ruby周りのインストールメモです。

デフォルトはruby1.8系が入っていますが、それをアップデートしたりするというのが今回の目的でございます。
なにぶん、ド素人なもので、備忘録としての記事でございますゆえ、細かいツッコミはご遠慮願いたく存じます。

さて、MACのRubyのアップデートの方法は、色々な方がノウハウをご提供いただいておます。調べていくと、RVMなるものが存在して、複数のRuby実行環境を構築できるようなので、試してみます。(といっても、複数の環境を築くことはないと思いますが・・・)

ではさっそく、

RVMをインストール

こちらを参考にインストール完了しました。
hogehoge foobar Blog Style5 | Mac に rvm をインストールして 複数バージョンの Ruby を使う

かなりごにょごにょ感がありますので、あまり深く理解できていない様子ですが、次へ進みます。

Rubyのアップデート

$ rvm install 1.9.3
Can not find compiler and 'make' tool - make sure Xcode and/or Command Line Tools are installed.
Requirements installation failed with status: 11.

なんか怒られてしまいました。

どうやらXcodeがインストールされていないらしです。
うん、インストールしてなかったです。

Xcodeのインストール

$ rvm install 1.9.3
Can not find compiler and 'make' tool - make sure Xcode and/or Command Line Tools are installed.
Requirements installation failed with status: 11.

また、怒られました。同じ怒られ方です。

コマンドラインツールなるものがインストールされていない様子。

??

これ
インストールしたった。

再度挑戦。
いけそうです。


インストールできたみたいです。

$ ruby -v
ruby 1.8.6

変わってないじゃん。

あ、デフォルト設定してなかた。

$ rvm use 1.9.3

ってな感じで、無事Ruby 1.9系の環境を導入する事ができました。
この辺のことをすんなりできるくらい精進したいと思います。

Follow me!

Pocket
[`evernote` not found]

カテゴリーruby

コメントは受け付けていません。