Google Analyticsで簡単にABテストをしてみた

Pocket
[`evernote` not found]

タイトルのまんまです。実務としてではなくて、実験的にというお話なので、どちらかというと使い方の説明です。

Google Analyticsには、ウェブテストという機能があります。これを使うといわゆるABテストというのが簡単に実施できます。
ABテストというと、どうもマーケティングよりな話になってきそうで、本当に苦手なのですが、ウェブサービスであれば、UIのテストをしてみたりと、一概にマーケティング屋さんだけの分野でも無いと思いますし、どう云う形で関わるにせよ、webで成果を出すためにテストをするというのは、とても大切なことだと思うので、覚えておいても損はないか。
※Google Analyticsのwebテストは単一ページのテストしかできないので、ウェブサービスのUIとなると少し違うかもしれませんが・・・

使い方は非常に簡単です。

まず、テストしたいページを用意します。
テストしたい事柄によって異なりますが、バナーを変えてみたり、文言を変えてみたりetc
パターンは複数登録できます。

ページの用意ができたら、あとはGoogle Analyticsに登録するだけです。

ウェブテストのページを開いて、テストしたいページを登録して

指標などを設定します。
本来ならお問い合わせなどのコンバージョンを設定しておいて、それを評価するべきかと思いますが、単純にページビューや滞在時間などをはかることも可能です。

テスト対象のトラフィックという項目の数値を変えると、テストしたいページの出現率を比較できます。
既に運用しているページの場合、テストしたいページの出現率をあげてしまうと、最悪コンバージョンが大幅に低下するということも予想されるので、状況に合わせて慎重に決めたほうがいいです。

次にテストしたいページを設定します。

試していませんが、動的に生成されるページもテストできそうなので、CMSでサイトを構築していても問題なさそうですね。

最後にコードを取得して、オリジナルページに貼り付けます。
この時、テストしたいページにもGoogle Analyticsの解析コードが入っていないとエラーになりますので、要注意です。

とここまでの登録は、画面の通り行うだけで、簡単に出来てしまいますし、不備があると(解析するページのコードがおかしいとか)アラートを表示してくれるので、間違えることはほぼないかと思います。

実際にテストを仕込んでみたページはこちらです。
DEMO
何回かアクセスすると、ページ下部のバナーが切り替わるかと思います。

実際の解析結果はこんな感じ。

ブログを書いている時点で僕しかURLしらないので、解析も何もない結果となっておりますが・・・

こんな感じで、簡単にABテストを導入することができました。
きちんとテストを行えば、Google Analyticsが最適なパターンを教えてくれるようですし、ここぞという時には、こういったツールをうまく利用して、webページの精度を上げていきたいですね。

Follow me!

Pocket
[`evernote` not found]

コメントは受け付けていません。