Google Reader終了に寄せて

Pocket
[`evernote` not found]

Google Reader今年の7月でサービス終了してしまいますね。
昨日、今日と、この話題で持ちきりでした。
僕も使っていたサービスですし、メジャー級のサービスなので、ショックは大きいですね。

トレンドに乗っかってこの話題に関してつらつらと書いてみたいと思います。

実は最近はほとんど使っていなかった・・・

ごめんなさい。実は最近はほとんど使っていなかったです。
それは、情報収集を怠っているわけではなくて、Gunosyとかtwitterとかfacebookのフィード購読に取って代わられている感が強いです。実際に僕自身、それらのツールを使って情報を集めています。

【使わない理由1】RSSを整理していない

これは自分の問題なので、論外ですorz
使っていなかったのもありますが、全然更新されていない5年も前のRSSフィードが登録されていて我ながら引きました。

【使わない理由2】Google Readerって使いやすかった?

Google Readerって使いやすかったですか?僕はあまりそう思っていませんでした。googleのアカウントで使えるってことは大きなアドバンテージでしたが、PCブラウザでいうと、それほど使いやすいとは思わないのですが・・・
あ、もちろん、Google Readerと他のアプリを連携させてそっちでさばくという場合は別です。

【使わない理由3】そもそもRSSってどうなのよ

冒頭でも書いたように、最近はSNS系でリアルタイムな情報に重きが置かれているように思います。

かなり乱暴な書き方をすると、僕がGoogle Readerに登録してた情報は大抵twitterなどでも収集できる情報でしたし、ブログにならないような軽い話題もSNSにはあるので、必然とそちらへと比重が高くなっていました。
SNSだとリアルタイム性が強く、逆にインデックス性に欠けるというデメリットがあります。
いくら、SNSで同等の情報が得られるからいって、SNSをチェックし続ける訳にはいかないので、当然情報の取りこぼしはあります。
まー、僕の処理能力から考えても、拾えなかったらそれはそれでいいかと・・・気楽に考えています。

【使わない理由4】未読件数が1000以上になるともはやどうでもよくなる

Google Readerを始めた頃、これ見よがしにろくに興味もないようなニュースサイトのRSSなどを大量に登録していました(ついさっきまで登録していました)当然のことながら、1日でも読むのをサボると未読件数が100とか200とか倍々で増えてしまいます。しっかり情報を管理できる人ならちゃんと消化していくんでしょうが、僕みたいなずぼらな人間はだめです。
その時の罪悪感といったら・・・もう。
情報の波に取り残された負け犬感がたまらなく辛かったんです。

それを味わってから、僕はGoogle Readerを開かなくなりました・・・

こんな状況じゃ終われません。

この記事を書くにあたって、Google Readerの情報を整理しました。
そしたら、意外と良い感じで使えそうにまとまってきた感じです。
今更なんですが、RSSも悪く無いかなと。
最近だとスマホなんかもありますので、スキマ時間にささっと情報を収集して、必要なものは後で読めるように別のサービスに振り分けるなんて感じで。おぉ、なんと今風だ。

これで情報の波で優雅にサーフィンできちゃいます。

ポストGoogle Readerは?

そうはいってもGoogle Readerは終わってしまいます。代わりになるツールは無数にありますが、僕的にはfeedlyというツールが良い感じであります。

ポストGoogle Readerとして最有力候補のようですが、僕はもっと前から使っていましたよ。

Google Readerの情報をそのまま引き継げますし、snsやpocketなどの外部アプリとの連携もできるので、情報をさばいて、snsにポストしたり、ソーシャルブックマークに放り込むなどの情報の共有も可能です。
スマホアプリですと、使い勝手もモダンで良い感じです。
PCでは、chromeのアプリとしても利用可能ですが、こっちはもう少しという感じですorz

今回の騒動で改めて「やっぱ今ならRSSでしょ」って人が増えるんじゃないかと密かに想像しています。
まー、そんな人が増えてもGoogle Readerは終わっちゃうんでしょうけどね・・・

さよなら、Google Reader。僕に大切な事を思い出させてくれてありがとう・・・

Follow me!

Pocket
[`evernote` not found]

コメントは受け付けていません。